映画『汚れた英雄』

昨日、耳鼻咽喉科に受診して午後はゆっくりしていました。

3時過ぎに小学生の男女が仲良く公園で遊んでいる声が聞こえて、帰りましょうの鐘がなると、スッーといなくなりました。

今の子供たちは、素直に帰るのですね。

私の大昔の小学生の頃は真っ暗になったら帰るといったような、適当な時間でしたけれど!

テレビを見るのもなぁと思い、昔懐かしい映画『汚れた英雄』を見ることにしました。

こんな映画の話をしたら歳がばれますね。

もう、この映画を見たのは独身のころです。

まだまだ若きし頃です。


その頃は鈴鹿のサーキットにも何度か行きました。

この映画のサーキットは鈴鹿ではなさそうですね。
バイクもヤマハぱかりですから。

草刈正雄が演じる晶夫がまた格好良かったです。

表の顔だけでなく高貴な女性の援助を受けながらも自分の道を進みたいと願う男心にも、その頃はなんだか格好良さを感じましたね。

国内最終予選をプライベートチームで挑んで途中、転倒しても自分で立ち上がり追い上げて最終一周で追い抜き優勝する!

世界選手権に出場して、最後はレース中の事故で亡くなりました。

この映画が上映されていた頃の私のまわりの男性は、ヤマハ、ホンダ、カワサキのバイクをみんなが乗っていました。

懐かしい時代を思い出しました。

自分もこの映画を見た頃は夢追いかけて希望の職についていたときでした。

挫折なんていうことを怖れなかった頃です。

今は一歩進むことすら尻込みしています。

どんな歳になっても挑戦しなければいけませんね。

格好いい晶夫の最後のバイクに乗ってサーキットを走っていく後ろ姿に何かを感じましたね!


青春を感じた映画でした。

仕事を休んでいたのに、楽しんでいたら叱られちゃいますね。




Comments 0

Leave a reply

About this site
50代ならでは悩み、生き方、出会い、気づきなどをシングルの50代が綴ります
About me
がんばる50代はたくさんの問題を一人で背負ってしまいます。
年々重くなるトラブルやストレス、この年齢ならではの楽しみや気づきなどを皆で語りましょう!
コメントお待ちしています☆