流せる涙

最近、涙腺が緩んできました。

ほんの一年半前までは、どれほど辛くても、涙を流したら今まで頑張ってきたものが壊れてしまうと自分に言い聞かせていました。

何十年もの間、そんな変な習慣を身に付け、それが自己防衛のようになっていました。

けれど今は、素直に涙を流している自分がいます。

心を病んで初めて、溢れる感情を表に出せたことに、なんだかほっとしています。

心

溢れる涙を押さえられずに、それまで心の中にしまっておいた感情を初めて子供達に伝えた時、「苦しい・・辛い」と号泣をしてしまいました。

そんな母親の姿をみても、子供達は冷静に受け止め、病院の受診を勧めてくれました。

そして病院へ。
診察室に入り、先生の顔をみた瞬間、涙が溢れてしまいました。

関を切ったように、涙が止まりませんでした。
私は一方的に泣きなから喋り続けました。


何十年もの間、溜め込んできた色々なものが、その涙とともに少しずつ流れ落ちていくような感覚でした。

その時の先生からのお話やアドバイスも、全く覚えていません。

ただただ私の話を黙って聞いて、最後に一言だけ「何十年もよく頑張ってきましたね」と言ってくれました。


何度かの受診で、今は自分の感情を押し殺さないように、辛い時、嬉しい時、感動した時には涙を流すことを自分に許してあげられるようになりました。

一緒に映画をみて、感動して号泣している私をみて、笑いにしてくれる娘がいることに感謝します。

孫が私をギューと抱きしめてくれる時も涙がでます。
それは嬉しいから。

涙を流すことを恥だとかみっともないと思っていた自分をやっと解放すことができました。

同世代の人には、私と同じように、我慢強く忍耐力がある人が多いように思います。
そのような時代でした。

我慢強いことはとても良いことだとは思います。
でも、それが負の連鎖にならないよう、取り返しがつかなくなる前に、辛いことは辛いと外に発信することが大切だと思います。

それほど自分は強くないということに気付けて良かったと、今は本当にそう思っています。

壊れた、疲れた心身はすぐにはもとに戻らないことも痛感しています。

それでも少しずつ笑顔で笑える日がきっと増えると信じています。



★☆☆彡ブログランキングに参加しています(^-^)
      ポチッと!どうかご協力をお願い申し上げますm(__)m

Comments 0

Leave a reply

About this site
50代ならでは悩み、生き方、出会い、気づきなどを3人のリアル50代が綴ります
About me
がんばる50代はたくさんの問題を一人で背負ってしまいます。
年々重くなるトラブルやストレス、この年齢ならではの楽しみや気づきなどを皆で語りましょう!
コメントお待ちしています☆