捨てようと決めた本なのに


体調もあまり良くないから引っ越しの準備は焦らずにゆっくりすることにして引っ越し業者に頼むことにしましたが、本だけはこの機会に断捨離しようと棚から出して、もう手放そうと決めたこの本たち。

次の古紙のゴミの日に出すつもりで紙袋に入れていたのに、まだ名残惜しい(^_^;)

この引っ越しの時に本は減らそうと決めたのになぁ、優柔不断なんです。

明日がゴミの日です。

また袋から出して、もう一度見つめて、やっと諦めがつきました。

捨てます。

これの何倍もの本がまだあるのですから。

楽しませてくれてありがとう。

またね。
15940248610.jpeg

高血圧

こんな天候で体調を崩している方が多いと思います。
私もその一人です。
先日、朝の出勤時より体がふわふわするなぁと思いつつ雨だったのでバスに乗り職場に向かいました。

バスを降りて職場に向かって歩いているといきなり体が大きくふわふわと揺れて思わず歩道の植え込みの木につかまり転倒することはありませんでした。

その後は普通に歩くことが出来て、仕事もなんとか終わらせることができたのですが、仕事中も何回か軽いめまいを感じていました。

帰宅後もずっと浮遊感が抜けず気持ちも落ち込みはじめて(T_T)

精神的な不安の時にもふわふわした感じはありますが、こんなに体が揺れることはありませんでした。

あっ!!もしかして。
血圧計を出して計ってみると上が180下が105もありました。

実はもう数年前から健診で血圧の要観察を言われていたのですが、いろいろな薬を飲んでいるので降圧剤は最後にと勝手に決めていました。
両親ともに高血圧症で薬を何十年も飲み続けていたので、飲み始めを少しでも遅らせたいと思っていました。

先月の健康診断でもやはり血圧が高く診察をしていただいた医師に血圧で病院を受診するにはどうしたらよいかと相談してみました。

自宅で血圧を朝と夜の2回を計り2、3週間のデータを持っていくといいですよと言われて、その通りに計り始めていました。

そうだ!血圧かもと思って計ってみました。

もう先延ばしには出来ない!
倒れたら遅い!
明日も仕事、無理して出勤して倒れたら、その方が迷惑!

直ぐに職場の主任に連絡をして次の日を休ませてもらいました。

以前、心電図の結果が悪くて受診した循環器内科が近くにあるので行って来ました。

前回も血圧のことを相談しましたが、その時も自宅で計る時にそんなに高い数値は出なかったので様子をみましょうと言われました。

今回のように自宅で計って高い数値だったのは初めてだったことや前日のめまい、頭が重く首、肩こりも酷いこと両親ともに高血圧であるこを伝えました。

自宅で計ったデータを見てもらって、診察室で計ると185/95ありました。これが本当の数値ではありませんが、とりあえず一番軽い薬を1ヶ月飲んで様子をみましょうと言うことになりました。

とうとう、降圧剤を飲むことになっちゃいました(T_T)

この不調は血圧だけが原因ではないと思います。

私の素人の考えですが自律神経が乱れたり、体が凝って血流も悪くなっていたりしていたのも原因の1つだと思っていますが、先延ばしていた高血圧のことをちゃんと受け入れられた良い機会だと思うことにしました。

丁度、5年前の脳腫瘍の摘出手術を受けた後は、脳内の血管では無くて良かったって安心しておきながら、高血圧がどんな悪さをするかってことに目をつぶっていた私への警告だったのでしょうね。

もう少しで引っ越しです、無理しないで引っ越しは業者に頼んで、意識してゆっくりのんびり新しい生活を迎えようと思います。

体は正直です。
気持ちや気合いでは無理なことがいっぱいあるってこと、自分の許容範囲を知って、自分は強くないってことを認めよう。

15939069410.jpeg

引っ越し先が決まりました


休日、勤務のある日の夕方に不動産屋に問い合わせておいた物件を見学させてもらうことを続けてきました。

息子が休みの日は一緒に行ったり、各々が都合が良い日は一人でも見学されてもらい、結局、決めた物件は今の私の住むところから、五分程の所にある築年数がかなり古いところです。

物件を探す条件は通勤を考えて駅に近い、独立洗面台、各自の寝室が別々であることだけでした。

一緒に住む目的は必ず今までより生活費が安価になり貯蓄することです。

私の年よりも若い物件ですから、まだまだ住めます。

内装はリフォームされており、賃料から考えても納得のいく物件に決定。

私は収入的にも契約者になれないので、息子が契約者になってもらいました。

引っ越しは私が一ヶ月先に入居することになりました。

二人が各々が使っている安価な家電はきれいな方を選択して持ち込むことにしました。

いい機会なので、断捨離をして荷物は減らします。

一緒に私の余分な心の荷物も捨てていきたい気分です。

息子と一緒に暮らすといっても、生活環境の変化は自分の平常心を保つのはとても難しいとわかっています。

息子を支えてあげるのは母親である私なのに…………きっと気持ちは頼ってしまうことになるのでしょうね。

頼れる程の息子ではないのに(T_T)

一人暮らしのお気楽なところも良かったですが、今もまだコロナの感染が終息しない中、家族と同居している安心感は得られるのかなぁ。

病気の時も一人ぼっちより心強いし(^_^)

さぁ、今日も雨です。

自転車通勤は出来ないので、バスでいくことにします。

帰ってきたら、また引っ越しのための片付け!!

少し気が遠くなる思いですが、行ってきます。


15935554240.jpeg

とうもろこし

《とうもろこし》

先ほど、姉からとうもろこしが届きました。

とても青々としたとうもろこしが入っていました(^O^)

やっぱり季節ものは良いですね。

実は夕飯も済ませた後ですがせっかくなので今からレンジで温めて食べてみようと思います。

ごちそうさまですm(__)m

『みわくのコーン ゴールドラッシュ』と言う名のとうもろこしらしいです。
ではでは皮をむいて食べてみます。

あまくて美味しいです。

姉よ、ありがとうございます。

明日のお弁当にも持っていきます。

15927387230.jpeg


15927387920.jpeg

手作りのマスクが届きました


実は少し前も届きました、そして今日も地方に住む友だちから手作りのマスクが届きました。

本当に頭が下がる思いで、感謝しかありません。

私の職場は以前は使い捨てマスクを1日に数枚使用していました。

コロナが広がってから、使い捨てマスクは在庫が少なくなり、入荷も送れているようで、布マスクを二枚配布され、それを仕事中、休憩中と使い分けていました。

まわりの同僚は自分で手作りのマスクを作り使い始めていましたが、私は手芸がとても苦手で今はもう老眼もあり(これは作れないという言い訳です)作れなかったので、毎日、2枚の布マスクを帰宅したら洗って次の日にまた使うことを繰り返していました。

最初に3枚のマスクが届き、本当に助かりました。

友だちにも現状を伝えてお礼の連絡をしたばかりだったのに。

すぐに今度は暑くなってきたからと、前回のものより薄手のガーゼ地のものを3枚と孫とおそろいのハリネズミの柄の子供用も1枚入っていました。

友だちは昔から手芸が得意で今は一人暮らしなので仕事から帰宅したら、テレビを見ながらチクチク縫うのが楽しいよ(^_^)って言ってました。

年に何回か孫に洋服やクリスマスプレゼントを送ってくれる友だちです。

私には得意なものがないのでなかなか、同じような形でお返しができず心苦しく思っています。

友だちの子供たちは私の住む近くにいるので、友だちが子供ところに来るときに狭い我が家に泊まってもらうくらいしか…………。

これから引っ越しする予定があることを伝えて、次に泊まりにくるときは、ほんの少しだけど広くなるよと伝えると、絶対に泊まりに寄るねと言ってくれた(^_^)

我が息子もよく知っている人なので、大感激です。

コロナが広がって自粛になり、生活様態が変わりつつある中で、こうして遠く離れている友だちが私のことを少しでも気にとめていてくれたことに感謝しなければいけませんね。

日常にあるべきものが、いきなり無くなる事態になり、それに代わるものが見直されたり、コロナウィルスは大変、恐ろしいものですが日ごろの自分の生活を見直す機会になりました。

息子と一緒に住むことになることもその一つです。

まだまだ感染が無くなっていないので、不安ではありますが自分でできること、自分ができることをもう一度見直そうと思います。

夏用のマスクはとても涼しくて快適です。

15924280000.jpeg

最初の3枚のマスク


15924280340.jpeg

今回のマスク

引っ越しします


外出自粛は解除されましたが、その
後も感染者が0になる日はありません。

仕事も通常勤務に戻りましたが、まだまだ不安は消えませんね。

慎重な行動をとるべき状況です。

そんな中、私の生活が変わりそうです。
一人暮らしをする息子から実家に帰りたいと伝えられました。

子供の父親が住む実家には子供たちそれぞれの部屋があり、帰ることもできるはずですが息子の思う実家はそこではないようです。

そこに帰ることを選ばなかった息子の気持ちを考えれば、母である私と住む所が実家なのでしょうか。

こんな狭いところには一緒には住めません、私が息子のために広い部屋を借りてあげることもできません。

迎え入れてあげられる場所は今はありません、情けない話です。

息子はそれを承知で一緒に住むことを望んでいます。

二人で暮らせる部屋を借りて生活にかかる費用は全て半分負担するからと言ってくれています。

私も息子も一人暮らしの時よりは生活費は減るでしょう。
二人で住んでいる間に少しでも蓄えようと思います。

息子は働いて一人暮らしをしているとやりたいことや学びたいことの資金もなく苦しい現状のようです。

仕事場が遠くなっても出費を押さえるためには仕方がないと思っているようです。

父親の家に戻れば家賃も光熱費もかからないのに、私と住むことを選んでくれた息子の気持ちをちゃんと受け止めようと思います。

戸惑いながらも嬉しく思ったのも事実ですから。

またいつか、『出ていくよ』と私のもとから居なくなる時がくるでしょうが、いったん、一人暮らしは中止ですかね、それでもまた必ず一人暮らしに戻ります。

それはその時に考えます。

引っ越しの準備をします。

15920125730.jpeg

どうなっていくのかなぁ


まだ外出自粛でステイホーム中ですが、それでも仕事は時短で出勤しています。

長女も長男も今週からは外出自粛が解除されるだろうと、会社から6月からの仕事の準備をすすめるように伝えられています。

二人ともサービス業なので、まだまだ心配です。

息子は一人暮らしなので尚更、心配していますが毎日、体調はどう?などと連絡するのも息子に迷惑なのだろうかとか……。

都内で地方出身者で単身で暮らしている方の家族はどんな思いでいることでしょう。

私も地方出身者ですが今は自分の家族が同じ都内にいるので助かります。

地方に住む母が足の手術をして二ヶ月近く入院中ですが、母が住む地方には出向いていけません。

これから、どのような生活様態をしていくことになるのでしょうね。

自分とまわりの人たちが気持ち良く過ごせるよう心がけを持ちつつ、自分のことは自分で守っていくことは大切ですね。

気弱な私は日本経済などという大きな問題まで頭が回らず、また感染が広がる可能性の恐怖の方が大きく自分の中を占めているのが現状です(T_T)

しっかりしなさいよ!!って自分に渇をいれたいくらいです。
情けないですね。
現実を受け止めて、自分の生活をちゃんと見直そうと思います。

長女からの贈り物


昨日、長女から1週間遅れの母の日のプレゼントだよと荷物が届きました。

大好きなマリメッコのお皿でした(^_^)

以前、息子の彼女から頂いたお皿がとても気に入っていたのを知っていたのか、同じサイズの似たような絵柄のものでした。

今はまだ外出自粛で娘の会社は休みです。

今は買い物に出かけることも3日に1度、食材や日用品の店以外は開いてません。

それ以外の購入はネットになりますよね。

娘もネットで購入したので母の日に間に合わなかったと言ってました。

遅れようが、こうして贈ってくれたプレゼントは嬉しいのです。

ありがとう、大事に使わせてもらうね(^^)v
15895891270.jpeg

外出自粛が続いて変わったこと


大したことではありませんが若い頃より病気で寝込んでいる日以外は、朝起きて着替えを済ませてすぐに化粧をしてきました。

もう何十年もしてきました。
外出する予定がなくても、いつでも出掛けられるように、そして気分的にシャキッとするのでずっと化粧をしてきました。

この外出自粛が始まった頃はまだ同じ様に化粧をしていましたが、何日か経った時、朝起きて着替えを済ませて顔を洗った後に化粧をするのを辞めてみました。

なぜか張り詰めていた気持ちが急にスッーと楽になって、家でリラックスして過ごせるようになりました。

こんな時に気づきました。
夫といた頃からずっと化粧をすることで自分の気持ちを無理矢理、奮い立たせて自分で窮屈な状況に追い込んで、仮の自分を作り上げて来たんだろうと。

そしてこのコロナ感染が広がった今、自宅で過ごす時間が増えて、外出自粛になりいつでも外に出掛けられる状態は必要ではなくなり、気を張ることから解放された気分です。

こんな状況の中で危険にさらされながら働いていてくださる方々がいるのに、私はこんな小さな気付きをみつけて日々を過ごせていると思うと申し訳なくなりますが《外出自粛》をすることが本当に自分やまわりの人を守る一番の大切なことだと思います。

心療内科の診察も今は中止になっており心配事はありますが、薬もあるので休日は心穏やかに過ごせるように体に力を入れずにリラックスして過ごそうと思います。

仕事も休みは増えましたが週に3日程は時短で出勤しています。

《密》を回避しながら、出勤日も過ごします。

こんな環境の中で気づけた自分の本当の姿でした。

一日も早く終息してくれるといいですね。

たくさんの方々は私の何倍ものストレスと危険にさらされていると思います。

そんな危険から解放されて気持ち良く大きな口を開けて美味しい空気を一杯吸いたいですね。

今日は仕事です。
化粧をして出掛けます。
15892512500.jpeg

お家で珈琲


外出自粛で外で珈琲を飲まなくなってから四週間近くになりました。
仕事の帰りに珈琲を飲む時間がとても好きだったのですが、今はそれもできません。

家でドリップで淹れて飲むようになりました。
買い置きの珈琲もなくなり、近くで開いている店で『スプリングブレンド』を購入してきました。
あっさりとした春らしい(商品名でそんな気がするだけかなぁ)味がして飲みやすい珈琲です。
そんなに味がわかる珈琲通ではないのです(^_^;)
いつもはちょっと電車に乗っていく所にある珈琲豆店で購入するのですが今は電車に乗るリスクの方が恐いのでやめておきます。

今回購入したこの珈琲で十分満足しています。

まだまだ自粛は継続するようですね。

1日に一回程の珈琲タイムはお家でも楽しめそうです。

今日は小さな和菓子と共に頂きます

15882921930.jpeg

息子君、助かったよ


不要不急で家にいましょう!

本当にそうですね。

そんな中でちょっと気になっていることがありました。

この歳ですからね、毎月のように美容院に行って増えてきた白いものを隠すことをしてもらっていましたが、今は『密』を避けるために美容院に行くことを躊躇してしまいます。

髪の長さはあまり気になりませんが、白いものはかなり目立ちはじめて、自分でトリートメントの毛染めを1週間ほど試してみましたが、全く染まらなくて困っていました(>_<)

いつも突然、帰ってくる息子も今は仕事は基本的には5月7日までは休みです。

時々、ほんの数時間、出勤する日があるようです。
職場は息子の住む所からは自転車でいけるところなので濃厚接触者はおらず、出勤の時も息子が一人なので安心はしています。

その息子が電車に乗って帰ってくるのを回避し、自転車で私のところまで来ました。

大変だったと思いますが学生の頃、ロードバイクで遠いところまで出掛けていたので、本人はそんなにつらくないといっていました。

タイミングよく帰ってきてくれた、息子君!

実は息子は美容師の免許を持っていまして、免許は持っているだけでその職業には就いていませんが毛染めくらいは出来そうなので頼んでやってもらいました。

案外、丁寧にやってくれてきれいに染めてもらいました。

助かりました。こんな時に役にたった息子でした。

数日、私のところに滞在しまた自転車で帰っていきました。

こんな時期、一人で炊事するのは大変だろうけど、頑張ってね。

美容院代の節約とともに息子に毛染めををしてもらえて、お母さんは凄くうれしかったよ。
ありがとうm(__)m

15878769760.jpeg

少しの心掛けでも


コロナの感染が広がり続けている報道が毎日のように新しい情報がテレビで流れています。

ちゃんとした情報を知るべきことは当然のことです。
そして今、自分がするべきことを再確認しつつ毎日の生活をしてしていかなければいけないこともわかっていますが、その一方で日に日に自分の中の負の部分が少しずつふくらみはじめています。

好きな音楽、本、珈琲を飲んだりとストレス解消しようと努めてはいます。

楽しい動画を見て、笑ってみたり、心が温まる絵本や映画を見て穏やかな気持ちを取り戻そうと心がけたりしているつもりです。

そしてこんな状況が私だけでなく今は日本中の誰もがかかえるストレス状態であることもわかっています。

こんなストレスに負けて、感染してしまうような自己免疫力を下げたくありません。

仕事の帰りに買い物する時も購入物のメモしてスーパーの滞在時間を減らすようにしたり、魚、肉は冷凍できる物を購入するように心がけています。

でも仕事のない休日が続くと、つい簡単な麺に頼りがちになり小麦粉系の摂取が多くなりつつあります。

アレルギーではありませんが、グルテンの摂取量が増えていくとお腹の調子を悪くなる傾向が以前からあるので少し気をつけたいと思います。

今は気軽に病院の受診をしないことも自分で出来るひとつですね。
体調管理は自分でしかできませんから。

皆さんも頑張りましょう。

家にいても素敵な自然を感じられる写真をのせている方のブログに私は癒されています。

15876948410.jpeg

母親の手術

母親が先週、足の手術を受けました。

90才に近い母親は2年前に交通事故で肋骨を10本折り、全身の打撲傷とその事故までは全て自分の歯でしたが上の歯は全て折れ抜け落ちてしまいましたが、数ヵ月の入院の末、自宅に帰ることが出来て生活をしていました。

退院後はやはり歩くことが段々と困難とり同居している姉夫婦は二人とも各自、自営業なので訪問介護を受けることになりました。

母親は内臓はとても丈夫なので食事の心配はありません。

事後前までは家事全般を母親がこなしていましたが、事後後はあまり動きたがらず足が弱りなかなか自ら歩こうとしないので、足が痛み始めました。

事後前の何十年間も立ち仕事を続けてきたので、何度か静脈瘤の手術や膝の水を抜いたりを繰り返してきました。

いよいよ膝が今まで以上に悪化しているらしく、今年になってから、医師から手術を勧められていたようです。

姉は年齢のことも考えて、手術までしなくてもいいのではと思っていたのですが、母本人が手術をしてもらうと言い出したので受けることになりました。

私はコロナのこともあり、心配ではありましたが、地方に住む姉と母親が決断したことなので承諾しました。

ただお見舞いにも行けず、姉も母親が入院している病室にはほんの数分しか入れないようです。

こんな時期の手術は私の住む地域では完全に病室には入れないでしょうが、まだ少しでも面会ができる状態の時に手術を受けることができて良かったのかもしれません。

もう少し入院したのち、リハビリ病院に転院して一ヶ月程のリハビリを受けるとのことです。

私は本当に臆病なので地方であれ今の時期に手術することも怖いと思ってしまいますが、母親はメンタルが強いのでしょうね。

私が母親の年齢だったら手術を受けるかと考えたら、受けない選択をすると思います。

母親はやっぱり強い人です。

負けてはいられないですね、母親が無事に家に帰ってくることを祈り、自分の今置かれている状況を理解して感染しないように注意して身を守りたいと思います。

母親の顔を見に行ける日が1日でも早く来ることを願っています。

15872553870.jpeg

脳神経外科の診察だったのですが


昨日は脳神経外科の診察日だったのですが、コロナの感染が広がっている今、総合病院の受診をすることに不安をもち、子供たちも絶対にいかない方がいいというので、診察の予約を一ヶ月後に変更してもらいました。

一ヶ月延ばしたところで、コロナが落ちつくのかわかりません。

今回の脳神経外科の受診内容は術後の報告と次のMRIなどの検査の予約をとることでしたので急を要するものでもなく薬を処方してもらうことでもなかったので変更可能で良かったです。

そして今でも私自身は仕事をまだ継続中なので感染する可能性はあります。

職場も接触者を減らすために1日の職員の人数も決められて支援をする方も減らして仕事をしています。

日々、不安を抱きながらの生活は皆さんも同じでしょうが、ストレスが溜まりますね。

自分で出来る予防は必ずしますが、それが完璧かはわかりません。

頑張って乗り切るしかありません。

不安だらけの毎日ですが、孫からの電話が入ります。
それが唯一の癒しです。

15870877650.jpeg

絵本


私は時々、本屋で絵本を見ます。

幼かったころに読んだ絵本、自分の子供たちに読んで聞かせた絵本、今も読んでみたい絵本がないかなぁと本屋に立ち寄ることがあります。

子供の頃に読んだその絵本の感想と大人になって読んだ時ではまるで違う感想を持つ絵本があります。
その逆でずっと変わらない感想を持ち続ける絵本もあります。
ちょっと楽しい時間です(^ー^)

先日、ちょっと懐かしいなぁと思って手に取った絵本が『ポケットのないカンガルー』でした。

やっぱりいいなぁと購入して家でゆっくりと読みました。

この絵本は本来あるべきものがない(カンガルーのポケット)、それについて展開していくお話です。

おもしろくて楽しい話でもありますが、あるべきものがないことに対して、試行錯誤しながらも替わりを見つけて生きていくという、そんな意味も含まれているような絵本です。

今は孫も学校に行けず家で過ごす時間が増えています。

私は孫に直接会って渡したかったのですが、仕事で外に出ることが多い私はもしかして持ち込んではいけないウィルスがついている可能性があるので今はじっと我慢の時です。

『ポケットのないカンガルー』を孫に送ることにしました。

おっちょこちょいの私は絵本の表紙を破いてしまいました(^^ゞ

セロハンテープで留めて孫へ。

孫はとってもよろこんでくれて、『おさるのジョージ』の作者らしく孫はこの絵が大好きなようです。
まぁ、ストーリーは後回しでも何回か読んでいるうちに何かに気づいてくれるでしょう。

娘が孫が表紙がやぶれてるね、テープで直してあるねって言ってたよって……気づかれちゃいました(^_-)

購入したまま孫にプレゼントすれば良かったかなぁ

おばあちゃんからの中古本として読んでください。
15862289480.jpeg

今週末も外出自粛です


先週末に引き続き外出自粛中です。

こんな時ですから、やはり危険な行動は避けるべきですが、家で連日、ずっと過ごすことがなかったので少し窮屈です。

一軒家ならお庭やお部屋も幾つかあり過ごす所が何ヵ所かあります。

私のこの狭い部屋では起きて、食べて、見て、読んで、書いて…………がこの部屋で済まされて行動範囲が狭く日ごろは助かっていますが、こんな時は自分のこの狭いところでは中々、気分転換するところがないのはつらいです😢

唯一、お風呂だけは気分が変わりますね。

自分ではあまり購入することはありませんが、友達からいただいていた入浴剤がとても助かっています。

今夜はどちらにしようかなぁ。


15860547780.jpeg

整形外科の薬


側弯症なのでどうしても傾いている側の首、肩、肩甲骨の周辺が痛みます。

仕事も案外、重労働だと思います。

整形外科に通い始めて、ブロック注射、痛み止め、湿布と運動等を継続してきましたが、なかなか改善していません。
先週の木曜日の診察の時にレントゲンなどを含めて診断してもらい痛み止めは辞めて、からだの中からの改善方法に変えてみましょうか?と提案されて漢方を飲むことにしました。

冷え症でもあるのでこの薬でと処方された薬が薬局になく、取り寄せてくれて昨日の仕事の帰りに受けとることができました。

当日も薬局でこのメーカー以外のものならすぐに出せるのですが、どうしましょうと処方箋を出してくれた私の担当医に連絡を取っていただいたのですが、やはりこの漢方薬でということだったので入荷待ちをしました。

私も長い間、色々な漢方薬を飲んできましたが、このメーカーのものは始めてです。

でも先生がこの漢方薬でとおっしゃるにはきっと何かお考えがあるのだろうと信じて、昨日夕方から飲むことにしました。

葛根湯とはまた違うもののようです。

一週間後に診察があるのでからだに何か変化が出るのか期待してみたいと思います。

余談ですが、やはり整形外科とはいえ患者さんの数が少ないように思います。

私も少しコロナのことは気にはなりますが消毒をしてマスクをして診察を受けています。

病院に行くのも躊躇してしまうようになってしまうのでしょうか。

早く収束することを祈ります。
15856435080.jpeg

自宅でのんびりと

今週末は外出自粛です。
本日は雪も降って寒い一日です。
2日間分の食材を金曜日の仕事の帰りにして昨日、今日はテレビを見たり音楽を聞いたり、ちょっと本を読んだりしました。

この2日間はいつもと違うジャンルの本を読んでみました。
良い勉強になりました。

15854681260.jpeg

15854681890.jpeg


座り続けているとお腹も空くこともなくあまり食材を買う必要も無かったかもと思ってしまいますが食材があるので明日からの仕事のための、お弁当の作りおきのおかずでも作ります。
早くコロナが収束してくれると安心ですね。

玄関の取っ手に


昨日、仕事から帰宅すると玄関の取っ手に紙袋がぶら下がっていました。

友達からのものでした。

中にはサクランボティと旅行先で見つけたよ!と和紙でできたブックカバーとしおりのセットが入ったいました。

近くに住んでいるのにお互いの仕事や家族のスケジュールで会うことが難しく、今はウイルスで自粛な雰囲気でランチやディナーに出かけることをためらってしまいます。

先週も会う約束をしていたのですが、友達の息子さんが学生で休校になっているのでランチはやめておこうねとなり会えないままでした。

昨日は私の住む所の近くにある病院に友達の母親を連れてきたから寄ってくれたようで玄関の取っ手に置いておくよとメッセージが添えられていました。

有りがたいですね。

友達は珈琲マイスターのような資格もあるほどの珈琲好きなのですが、たまにはハーブティもいいよと差し入れしてくれました。

ブックカバーもいつも同じものなのでたまには交換して気分転換するのもいいですね。

ありがとうm(__)m

今日の仕事帰りにこのサクランボティに合う甘いものでも買って帰ろう(^_^)


15850161540.jpeg

孫の誕生日

孫娘は3月生まれなので先週末に7歳になりました。

小学生の休校が決まって長い春休みの中でお誕生日を迎えました。

1年生になったばかりだと思っていたのに、もう次の登校日には2年生です。

今回は久しぶりに休みが合った娘も息子も参加してお誕生日を祝うことができました。

お誕生日当日はめずらしく雪が降り寒い一日でした。

15847788720.jpeg

ずっと休みの間は家にいて外に出れらなかったので公園で遊ぶ予定をしていたのですが断念(^_^;)

後日、公園にいって遊んできました。

サッカーをしたかったのですが公園は禁止だったのでフリスビーやなわとび、かくれんぼ、そして落ちていた枝を集めて焚き火のまねごとをしていました。

孫は体を動かすのは大好きなんです、私も本来は大好きなんです。

でもやっぱり年には勝てません。

疲れましたね。
気持ちの良い疲れ以上でしたが、孫がとても楽しかったと言ってくれてのでその疲れも受け入れましょう(^^)v

こうして孫は成長していき私は反比例して少しずつ衰えていくのでしょうね。


15847788370.jpeg
About this site
50代ならでは悩み、生き方、出会い、気づきなどをシングルの50代が綴ります
About me
がんばる50代はたくさんの問題を一人で背負ってしまいます。
年々重くなるトラブルやストレス、この年齢ならではの楽しみや気づきなどを皆で語りましょう!
コメントお待ちしています☆